このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-24

医療安全について正しいのはどれか。

1. 医療事故では、関係する個人の責任が最も問われる。

2. 医療事故を減らすには、組織の対応より個人の注意が重要である。

3. インシデント報告書は、事故発生後に原因を究明したのちに提出する。

4. 各医療機関は、医療従事者全員を対象とした研修が義務付けられている。

5. 病棟での患者確認では、忙しい場合には患者の姓のみでもよい。

正答:4
分類:臨床医学総論/手術医学/医療安全
類似問題を見る

国-32-PM-17

針刺し事故でできるだけ早く予防内服が必要な感染症はどれか。

1. HIV感染症

2. ポリオ

3. インフルエンザ

4. サイトメガロウイルス感染症

5. ウイルス肝炎

正答:1
分類:臨床医学総論/手術医学/感染防止
類似問題を見る

国-32-AM-24

正しいのはどれか。

1. 滅菌とは、微生物による汚染の危険性を低減させることである。

2. 消毒とは、物質から有機物や汚染を物理的に除去することである。

3. 洗浄とは、芽胞を含むすべての微生物を除去することである。

4. 使用後の消化器内視鏡には、高水準消毒を行う。

5. 使用後の呼吸器回路には、低水準消毒を行う。

正答:4
分類:臨床医学総論/手術医学/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-32-AM-23

スタンダードプリコーションについて誤っているのはどれか。

1. 手指に目に見える汚染がない場合は速乾式擦式アルコール製剤を用いてもよい。

2. 損傷した皮膚に触れる場合はグローブを着用する。

3. 患者の持ち物に触れた後は手洗いを行う。

4. 分泌物が飛散する患者は個室に収容する。

5. 使用済みの注射器は両手で扱えばリキャップしてもよい。

正答:5
分類:臨床医学総論/手術医学/感染防止
類似問題を見る

国-31-PM-22

消毒滅菌について正しい組合せはどれか。

a. 消化器内視鏡 ――――― 次亜塩素酸ナトリウム

b. 粘 膜 ―――――――― エタノール

c. 皮膚創傷部位 ――――― クロルヘキシジングルコン酸塩

d. 膀胱鏡 ―――――――― グルタルアルデヒド

e. 手術器具 ――――――― 高圧蒸気滅菌

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:臨床医学総論/手術医学/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-31-AM-24

感染防止に微粒子マスク(N95マスク)が必要なのはどれか。

a. メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)肺炎

b. 結 核

c. 麻 疹

d. 水 痘

e. インフルエンザ

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:臨床医学総論/手術医学/感染防止
類似問題を見る

国-30-PM-23

スタンダードプリコーションについて誤っているのはどれか。

1. 患者の汗は感染性があるものとして扱う。

2. 損傷した皮膚に触れる場合はグローブを着用する。

3. 採血を行う場合はグローブを着用する。

4. 血液や体液が飛散する恐れがある場合はマスクとゴーグルを装着する。

5. 排泄物を取り扱う場合はビニールエプロンを着用する。

正答:1
分類:臨床医学総論/手術医学/感染防止
類似問題を見る

国-29-PM-23

粘膜に用いられる消毒薬はどれか。

a. 塩化ベンザルコニウム

b. ポビドンヨード

c. 塩化ベンゼトニウム

d. エタノール

e. フェノール

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:臨床医学総論/手術医学/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-29-PM-22

スタンダードプレコーション(標準予防策)で正しいのはどれか。

a. 粘膜に触れるときには手袋を着用する。

b. 頭髪に触れるときには手袋を着用する。

c. 手袋を使用すれば手洗いの必要はない。

d. 感染のある患者のみを対象とする。

e. ガウンは滅菌済みである必要はない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:臨床医学総論/手術医学/感染防止
類似問題を見る

国-29-AM-23

滅菌・消毒について正しい組合せはどれか。

a. クロルヘキシジン 内視鏡

b. 高圧蒸気滅菌 プラスティック製品

c. ホルムアルデヒドガス消毒 麻酔

d. ガンマ線滅菌 ディスポーザブル注射器

e. 紫外線照射消毒 手術用リネン

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:臨床医学総論/手術医学/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-28-PM-22

空気感染するのはどれか。

1. 結核

2. MRSA感染症

3. A型肝炎

4. コレラ

5. HIV感染症

正答:1
分類:臨床医学総論/手術医学/感染防止
類似問題を見る

国-28-AM-24

医療事故発生時の対応について適切でないのはどれか。

1. 患者の安全確保

2. 正確な事実把握

3. 医師や上司への報告

4. 事故に関わる物品の保全

5. 発生部署内での解決

正答:5
分類:臨床医学総論/手術医学/医療安全
類似問題を見る

国-28-AM-23

消毒・滅菌について正しいのはどれか。

a. 消毒薬中で微生物は繁殖しない。

b. エタノールは粘膜の消毒に有用である。

c. オートクレーブは高圧蒸気で滅菌する。

d. エチレンオキサイドガスは残留毒性が強い。

e. クロルヘキシジンは結核菌に有効である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:臨床医学総論/手術医学/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-28-AM-20

血液透析中の患者で血小板減少と血栓症が認められた場合、原因として考えられる薬剤はどれか。

1. ナファモスタットメシル酸塩

2. 鉄剤

3. エリスロポエチン製剤

4. ヘパリン

5. ビタミンD製剤

正答:4
分類:臨床医学総論/手術医学/医療安全
類似問題を見る

国-27-PM-23

手指消毒に適さないのはどれか。

1. 逆性石けん

2. グルタルアルデヒド

3. エタノール

4. クロルヘキシジン

5. ポピドンヨード

正答:2
分類:臨床医学総論/手術医学/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-27-AM-23

医療事故についで正しいのはどれか。

a. 医療過誤は医療機関・医療従事者の過失による。

b. 臨床工学技士が医療過誤責任を問われることはない。

c. 医療機器の不適切な使用による健康被害は製造物責任(PL)となる。

d. 医療機器の欠陥の有無にかかわらず健康被害が発生すれば製造物責任(PL)が生じる。

e. リスクマネージメントは医療事故を未然に防ぐことを目的とする。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:臨床医学総論/手術医学/医療安全
類似問題を見る

国-27-AM-22

手術部位感染症の予防対策でないのはどれか。

1. 除毛をする場合は直前に行う。

2. 手術前日に入浴する。

3. 外来の時点で禁煙を勧める。

4. 術前入院期間を短縮する。

5. 術中は低体温を維持する。

正答:5
分類:臨床医学総論/手術医学/感染防止
類似問題を見る

国-26-PM-22

スタンダードプレコーション(標準予防策)で予防するのはどれか。

1. 誤薬投与

2. 院内感染

3. 患者誤認

4. 転倒・転落

5. 異型輸血

正答:2
分類:臨床医学総論/手術医学/感染防止
類似問題を見る

国-26-AM-24

手指消毒に適さないのはどれか。

1. 逆性石けん

2. グルタラール(グルタールアルデヒド)

3. クロルヘキシジン

4. ポビドンヨード

5. エチルアルコール

正答:2
分類:臨床医学総論/手術医学/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-26-AM-23

空気感染するのはどれか。

a. 麻 疹

b. C型肝炎

c. 流行性角結膜炎

d. 風 疹

e. 結 核

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/手術医学/感染防止
類似問題を見る