このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-30-PM-78

緊急時の血液浄化に使用される一時的バスキュラーアクセスはどれか。

a. 内シャント

b. 動脈表在化

c. 中心静脈カテーテル

d. 動脈直接穿刺

e. 人工血管バイパスグラフト

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-18-PM-63

血液透析に用いるブラッドアクセスで動静脈シャントを形成するのはどれか。(血液浄化装置)

a. ダブルルーメンカテーテル法

b. Brescia-Cimino法

c. Quinton-Scribner法

d. 動脈表在化法

e. ジャンプグラフト法

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-11-PM-61

長期ブラッドアクセスとして適切なのはどれか。

a. 内シャント

b. 外シャント

c. 大腿静脈カテーテル留置

d. 動脈直接穿刺

e. 動脈表在化

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-13-PM-66

緊急血液透析時のブラッドアクセスはどれか。

a. 自己血管単純吻合

b. 動脈表在化

c. 動静脈直接穿刺

d. 鎖骨下静脈カテーテル

e. 人工血管植込み

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-21-PM-66

血管アクセスについて正しいのはどれか。

a. 第一選択は人工血管を用いた内シャントである。

b. 動脈表在化は心不全患者に用いられる。

c. スチール症候群ではシャントによって末梢循環障害を生じる。

d. シャント動静脈瘤は石灰化するので手術適応はない。

e. カフ付トンネルカテーテルによって感染は防止される。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-25-AM-78

バスキュラーアクセスで正しいのはどれか。

1. 動脈表在化法の合併症にスチール症候群がある。

2. 作成の第一選択は自己血管を用いた内シャントである。

3. 静脈カテーテルの穿刺部位として外頸静脈が選択される。

4. 合併症で最も頻度が高いのは感染である。

5. 最も多く用いられている人工血管はポリウレタン製である。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-24-PM-77

バスキュラーアクセスで正しいのはどれか。(生体機能代行装置学)

a. 第一選択は人工血管を用いた内シャントである。

b. 動脈表在化は心不全患者に用いられる。

c. スチール症候群ではシャントによって末梢循環障害を生じる。

d. シャント動静脈瘤は石灰化するので手術適応はない。

e. カフ付きトンネルカテーテルによって感染は防止される。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-26-PM-76

バスキュラーアクセスで正しいのはどれか。

a. 動脈表在化は心機能への負担が大きい。

b. 第一選択は人工血管を用いた内シャントである。

c. 透析後は静脈カテーテルをヘパリンロックする。

d. カフ付きカテーテルは感染のリスクを低減できる。

e. グラフト移植の方が自家動静脈瘻よりも開存率は高い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-23-PM-76

血液透析に用いられる血管アクセスについて正しいのはどれか。

1. 中心静脈ルートは用いない。

2. 皮下動静脈瘻が石灰化すると血液が安定する。

3. 皮下動静脈瘻造設には上腕動脈が第一選択である。

4. 人工血管シャントの造設にはePTFEが用いられる。

5. 人工血管シャントは自己血管シャントより長期間使用できる。

正答:4
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-19-PM-63

緊急に血液透析が必要な患者のブラッドアクセスについて正しいのはどれか。(人工腎臓装置)

a. 動脈直接穿刺

b. 外シャント設置

c. 人工血管移植

d. 動旅表在化

e. 内シャント設置

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-1-PM-53

ブラッドアクセスに関連する事項として正しいのはどれか。

a. 内シャントは橈骨動脈と尺側皮静脈と吻合したものが多い。

b. 鎖骨下静脈のカテーテルは透析用ブラッドアクセスとして使用されている。

c. 動脈表在化は心疾患を伴った患者には適当なブラッドアクセスである。

d. 単針透析(Single needle dialysis)ではシャントの血流と逆方向に穿刺する。

e. 人工血管に用いた内シャントは感染を起こしにくい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-3-PM-49

自己免疫疾患の治療法として用いられているのはどれか。

a. 腹膜透析法

b. 血液透析法

c. 血液吸着法

d. 血漿交換法

e. 血液濾過法

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-14-PM-56

緊急透析のブラッドアクセスとして正しいのはどれか。

a. 大腿動脈の直接穿刺

b. 鎖骨下静脈へのカテーテル留置

c. 上腕動脈の表在化

d. 前腕の動静脈間グラフト移植

e. 大腿静脈へのカテーテル留置

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-24-AM-29

スワン・ガンツカテーテルで正しいのはどれか。(生体計測装置学)

1. 左心室内圧の測定に用いる。

2. 冠状動脈の造影に用いる。

3. 熱希釈法による心拍出量の計測に用いる。

4. カテーテルの挿入は上腕動脈から行う。

5. 多数の電極がカテーテル先端部に配置されている。

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-2-PM-44

血液浄化に用いるブラッドアクセスについて正しいのはどれか。

a. すべて血流のシャントによるものである。

b. 標準的内シャントは橈骨静脈、橈骨皮静脈間につくられる。

c. E-PTEEはブラッドアクセス用人工血管として最も広く用いられている。

d. 動脈表在化によるものは動静脈シャントによるものより心負荷が大きい。

e. 人工血管を用いる内シャントは穿刺部の動脈瘤の発生頻度が低い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-3-PM-40

人工心肺による体外循環中のモニタリングに通常必要でないのはどれか。

1. 動脈圧

2. 中心静脈圧

3. 房圧

4. 筋電図

5. 心電図

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-17-AM-27

人工血管による内シャントの合併症はどれか。

a. 感染

b. 血栓性閉塞

c. 仮性動脈瘤

d. 解離性動脈瘤

e. アレルギー性血管炎

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:臨床医学総論/腎・泌尿器系/尿路の疾患
類似問題を見る

国-4-AM-33

正しいのはどれか。

1. 正常では糸球体濾液の組成は血漿の組成に等しい。

2. 遠位尿細管の作用は管腔への物質の分泌のみである。

3. 腎動脈狭窄が起きるとレニン・アンギオテンシン系が抑制される。

4. 浮腫のみられる疾病の一つにネフローゼ症候群がある。

5. 血液透析法における外シャントとは表在性静脈間のバイパスのことである。

正答:4
分類:臨床医学総論/腎・泌尿器系/腎臓の疾患
類似問題を見る

国-10-PM-51

人工心肺操作中のモニタリング項目として適切でないのはどれか。

1. 心電図

2. 動脈圧

3. 中心静脈圧

4. 尿量

5. 筋電図

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-26-PM-2

臨床工学技士が行ってよいのはどれか。

a. 気管挿管

b. 人工呼吸装置使用時の喀痰吸引

c. 留置カテーテルからの採血

d. 内シャント穿刺

e. 動脈穿刺

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/関係法規
類似問題を見る