このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-18-AM-61

MRIについて誤っているのはどれか。(生体計測装置学)

1. 静磁場の発生に超伝導滋石が用いられる。

2. 共鳴にはRF波を必要とする。

3. 水素原子の分布を画像化できる。

4. 血流分布を知ることができる。

5. 静磁場強度が変化しても共鳴周波数は一定である。

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-19-AM-61

診断用MRIについて正しいのはどれか。(生体計測装置学)

1. 生体への放射線防護対策が必要である.

2. 生体組織に含まれている窒素原子の分布を画像化している。

3. 磁気共鳴現象を起こすためにマイクロ波を照射する。

4. 血管撮影には造影剤を必要とする。

5. 静磁場を発生させるために超伝導磁石が用いられている。

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-9-AM-61

核磁気共鳴映像法について正しいのはどれか。

a. 得られる画像は組織の炭素含有量に基づいている。

b. 化学シフトとは強カな直流磁場によって生じる化学組成の変化である。

c. 代謝活動の計測にも用いられる。

d. 超伝導コイルを利用すると一般に強い直流磁場が得られる。

e. 電子のスピンを利用した計測法である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-1-AM-87

MRI(核磁気共鳴断層法)で画像化の対象となっている原子はどれか。

1. 酸 素

2. 窒 素

3. 炭 素

4. 水 素

5. ナトリウム

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-28-PM-30

MRI について正しいのはどれか。

a. 放射線被曝がない。

b. 軟組織の画像化には適さない。

c. . 体動に強い。

d. 酸素原子の空間分布を測定するo

e. 血流の情報が得られる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-17-AM-62

MRIで画像化の対象となっている原子はどれか。

1. 酸素

2. 窒素

3. 炭素

4. 水素

5. ナトリウム

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-21-AM-62

MRIについて正しいのはどれか。

a. 生体組織に含まれている水素イオンの分布が得られる。

b. ラーモア周波数は静磁場強度に反比例する。

c. 緩和時間には縦緩和と横緩和がある。

d. 永久磁石は静磁場発生に使われる。

e. 静磁場強度が弱いほど画質が向上する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

ME_2-28-AM-48

水素原子の核磁気共鳴を利用して組織内の水分量の差などを画像化するのはどれか。

1. 超音波診断装置

2. X線CT

3. ガンマカメラ

4. MRI

5. PET

国-11-AM-59

MRIで得られる情報について誤っているのはどれか。

1. 信号強度は観測原子核の質量に比例する。

2. 緩和は励起されたスピンが元の状態に戻ることである。

3. 緩和時間差によって組織の区別が可能となる。

4. 血流についての情報が得られる。

5. 水素原子核以外の原子核からも情報が得られる。

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

ME_2-39-AM-51

MRIについて正しいのはどれか。

1. 対消滅現象を利用する。

2. 超音波で原子核を共鳴させる。

3. 軌道電子のエネルギーを測定する。

4. 電磁ノイズの影響を受けやすい。

5. 地磁気の影響を受けやすい。

国-16-AM-61

MRI検査について誤っているのはどれか。

a. 水素原子核の濃度分布を計測して画像化する。

b. 静磁場が強いほどSN比のよい画像が得られる。

c. 静磁場に傾斜磁場を重畳することによって位置情報が得られる。

d. 骨や空気によるアーチファクトが大きい。

e. 任意の断面像を得るためには体位変換を行う。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-5-AM-57

正しいのはどれか。

a. 超音波とは周波数が20kHz以下の音のことである。

b. 超音波は特殊なため波動としての一般的性質は持たない。

c. 超音波は吸収、反射、散乱されながら生体中を伝搬する。

d. 超音波は周波数が高いほど指向性は鋭い。

e. 超音波によるキャビテーションは空気中で生じる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用機械工学/医用機械工学/波動と音波・超音波
類似問題を見る

ME_2-28-PM-20

超音波ドプラ血流計について誤っているのはどれか。

1. 血流の速度が計測できる。

2. 非侵襲的に計測ができる。

3. ビームと直交する血流は計測されない。

4. 25kHz程度の超音波を用いる。

5. 血球からの音響反射を利用する。

国-2-AM-58

超音波について正しいのはどれか。

a. 振動数16kHz以上20kHz以下の音をいう。

b. 振動数の低い超音波は鋭い指向性を示す。

c. 超音波は液体、個体および気体中を伝搬する。

d. 超音波の波長は振動数と音速で定まる。

e. 超音波は、吸収、反射、散乱されながら伝搬する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医用機械工学/医用機械工学/波動と音波・超音波
類似問題を見る

国-4-AM-87

エックス線CTについて正しいのはどれか。

a. 分解能の高い断層像を得ることができる。

b. 吸収係数の像を示すと考えてよい。

c. コンピュータ処理によって画像を得る方法である。

d. エックス線被曝はほとんどない。

e. 化学シフトの測定も可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-29-AM-32

MRI 検査について誤っているのはどれか。

1. 水素原子の空間分布を画像化する。

2. 軟部組織の画像化に適している。

3. 血流の測定が可能である。

4. 臓器の3 次元構造を画像化できる。

5. 動きのある臓器の撮影に適している。

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-28-PM-28

トランジツトタイム型超音波血流計の特徴で正しいのはどれか。

a. ゼロ点補正が必要である。

b. 体表面からの測定が可能である。

c. . 伝搬速度を利用する。

d. 電気的に非干渉である。

e. 複数チャネルの同時計測が可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-21-AM-50

雑音に関して誤っているのはどれか。

1. SN比を改善するために計測の周波数帯域幅を広くする。

2. 増幅器の最小入力信号レベルは雑音によって規定される。

3. AD変換に伴って発生する雑音を量子化雑音という。

4. 熱雑音は電子など荷電粒子の不規則振動に起因する。

5. 白色雑音の電力は計測の周波数帯域幅に比例する。

正答:1
分類:生体計測装置学/生体計測の基礎/計測論
類似問題を見る

国-10-AM-61

MRIについて正しいのはどれか。

a. 電子の持つスピンを利用した測定技術である。

b. 傾斜磁場により被写体の位置の情報を得る。

c. エックス線撮影と比較して軟部組織の病変を診断しやすい。

d. 緩和とはスピンの歳差運動の回転が遅くなることである。

e. 磁気シールドルームを必要としない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-1-AM-82

動脈血の酸素飽和度を連続測定するパルスオキシメータはどの方法を用いているか。

1. 特定周波数の電流に対する電気インピーダンスを利用

2. 磁場を加え、核磁気共鳴を利用

3. 微弱なエックス線の吸収率を利用

4. 超音波に対する音響インピーダンスを利用

5. 特定波長の光の吸収率を利用

正答:5
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/呼吸関連の計測
類似問題を見る