このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-10-AM-51

電圧増幅器の入力インピーダンスについて正しいのはどれか。

a. 入力信号の周波数に依存する。

b. センサのもつインピーダンスに対して充分低い必要がある。

c. 出力電圧と入力電圧との比である。

d. 単位にはデシベルを用いる。

e. 入力電圧と入力電流の波形からその位相特性がわかる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-10-PM-16

正しいのはどれか。

a. 演算増幅器を用いて積分回路を作ることができる。

b. 演算増幅器では反転入力端子と非反転入力端子との電位差はほぼ0である。

c. 同相除去比(CMRR)を小さくするために演算増幅器による差動増幅回路を用いる。

d. 入力インピーダンスを小さくするために演算増幅器による非反転増幅回路を用いる。

e. 出力インピーダンスを大きくするために演算増幅器を用いる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-9-PM-16

同相除去比(CMRR)が十分大きい差動増幅回路について正しいのはどれか。

a. 出力は入力信号の差に比例する。

b. 同相で入る雑音は出力に表れない。

c. 電源電圧の変動は出力に表れない。

d. 同相利得と差動利得との比をスルーレートという。

e. 出力インピーダンスは高い方がよい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-19-PM-16

図の回路について正しいのはどれか。ただし、Aは理想増幅器とする。(電子工学)

a. 入力インピーダンスは大きい。

b. 入力と出力は逆位相である。

c. 反転増幅回路である。

d. 入力は正電圧でなければならない。

e. 入力電圧の1倍が出力される。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-22-PM-53

理想演算増幅器の特性で正しいのはどれか。

a. 差動利得は0である。

b. 同相利得は無限大である。

c. 周波数帯域幅は無限大である。

d. 入力インピーダンスは無限大である。

e. 出力インピーダンスは無限大である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-21-AM-52

生体電気信号増幅器の入力インピーダンスについて正しいのはどれか。

a. 入力信号の周波数に依存する。

b. 電極接触インピーダンスより充分大きくする。

c. 入力電圧と入力電流の波形から位相特性がわかる。

d. 単位にはデシベルを用いる。

e. 入力部に電界効果トランジスタを使うと小さくなる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/生体計測の基礎/計測論
類似問題を見る

国-1-PM-21

負帰還増幅器の利点はどれか。

1. 大振幅出力が得られる。

2. 利得が大きい。

3. 消費電力が少ない。

4. 周波数特性が良い。

5. 発振しやすい。

正答:4
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-7-PM-11

図に示したトランジスタ回路について正しいのはどれか。

a. エミッタフォロワと呼ばれる。

b. 出力信号電圧は入力信号電圧とほぼ等しい。

c. インピーダンス変換回路として用いられる。

d. 入力信号電流より大きな出力信号電流を取り出すことはできない。

e. 信号の電力増幅を行うことはできない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-27-PM-26

生体電気信号増幅器の入力インピーダンスについて正しいのはどれか。

a. 大きさは入力信号の周波数に依存する。

b. 電極接触インピーダンスよりも十分大きくする。

c. 入力電圧と入力電流の波形から位相特性がわかる。

d. 単位にはデシベルを用いる。

e. 入力部に電界効果トランジスタを使うと小さくなる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/生体計測の基礎/生体情報の計測
類似問題を見る

国-8-AM-56

生体用増幅器の特性として重要でないのはどれか。

1. 入カインピーダンス

2. 低域遮断周波数

3. 共振周波数

4. 同相弁別比

5. 入力換算雑音

正答:3
分類:生体計測装置学/生体計測の基礎/生体情報の計測
類似問題を見る

国-33-AM-52

理想演算増幅器について正しいのはどれか。

a. 周波数帯域幅は無限大である。

b. 出力インピーダンスは無限大である。

c. 同相除去比(CMRR)はゼロである。

d. 入力端子に流れ込む電流はゼロである。

e. スルーレートは無限大である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

国-33-PM-26

生体電気信号増幅器に求められる条件はどれか。

a. 入力インピーダンスが小さい。

b. 入力換算雑音が大きい。

c. 入力オフセット電圧が小さい。

d. 信号対雑音比が大きい。

e. 同相除去比が小さい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

国-26-PM-26

生体電気信号増幅器に求められる条件はどれか。

a. 入力インピーダンスが小さい。

b. 同相弁別比が小さい。

c. 入力オフセット電圧が大きい。

d. 入力換算雑音が小さい。

e. 温度ドリフトが小さい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/生体計測の基礎/生体情報の計測
類似問題を見る

国-14-AM-50

センサの特性について正しいのはどれか。

a. センサの出力の変化と入力の変化との比を感度と呼ぶ。

b. ヒステリシスとは感度が温度に依存する性質である。

c. 内部雑音は感度限界の要因でない。

d. 過渡応答とは入力の時間変化に対する出力の応答である。

e. 周波数特性には振幅特性と位相特性がある。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体計測の基礎/計測論
類似問題を見る

国-3-AM-78

生体用増幅器の性能として望ましいのはどれか。

1. 入力インピーダンスが小さい。

2. 同相弁別比が小さい。

3. 信号対雑音比(S/N)が小さい。

4. 入力換算雑音が小さい。

5. 電源電圧変動の影響が大きい。

正答:4
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-21-PM-15

図の回路はどれか。ただし、Aは理想演算増幅器とする。

1. 差動増幅回路

2. 反転増幅回路

3. 非反転増幅回路

4. 微分回路

5. 積分回路

正答:3
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-1-PM-19

電子回路による電気信号の増幅について正しいのはどれか。

1. ダイオードを用いると電気信号を増幅することができる。

2. 増幅器において信号電圧が増幅されているとき、出力信号電流は必ず入力信号電流より小さい。

3. 信号電圧も信号電流も出力が入力より大きくなるような増幅器をつくることができる。

4. 雑音を含む信号でも増幅すると、一般に、信号対雑音比が向上する。

5. 一般に、電圧増幅器は出力インピーダンスが大きい方が使いやすい。

正答:3
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-4-PM-21

負帰還増幅器がよく用いられる理由として正しいのはどれか。

1. 周波数特性が優れている。

2. 電磁的雑音が小さい。

3. 発振しやすい。

4. 消費電力が小さくできる。

5. 増幅度(利得)が大きい。

正答:1
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-22-PM-52

トランジスタについて誤っているのはどれか。

1. FETのn形チャネルのキャリアは電子である。

2. FETは入力インピーダンスが高い。

3. エミッタはFETの端子の1つである。

4. コレクタ接地増幅回路はインピーダンス変換回路に用いる。

5. バイポーラトランジスタは入力電流で出力電流を制御する。

正答:3
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る

国-14-PM-14

差動増幅器について正しいのはどれか。

a. オフセットを調整する必要がない。

b. 電源電圧の変動の影響を受けにくい。

c. 直流信号を増幅できる。

d. CMRR(同相除去比)を大きくすることができる。

e. 内部雑音を相殺することができる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用電気電気工学/電子工学/電子回路
類似問題を見る