このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-4-AM-87

エックス線CTについて正しいのはどれか。

a. 分解能の高い断層像を得ることができる。

b. 吸収係数の像を示すと考えてよい。

c. コンピュータ処理によって画像を得る方法である。

d. エックス線被曝はほとんどない。

e. 化学シフトの測定も可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-1-AM-89

エックス線検査のコンピュータ画像処理の特徴として誤っているのはどれか。

a. 造影剤が到達する前後の動き(体動、蠕動)による画像の劣化を少なくすることができる。

b. 造影剤の量が少なくても鮮明な画像が得られる。

c. 画像処理を行うと軟部組織のみの画像が得られる。

d. エックス線の被曝量を少なくできる。

e. 空間分解能を向上させるために特殊な造影剤が使われている。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-32-AM-33

磁気共鳴画像(MRI)について正しいのはどれか。

a. 撮影には被曝を伴う。

b. 骨の撮像はできない。

c. 軟部組織の撮像に適している。

d. 動きのある臓器も撮像できる。

e. 血管の撮像が可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-29-PM-30

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 被曝に伴う侵襲性がある。

b. 全身撮影が可能である。

c. 心室の壁厚を測定できる。

d. 血管内の画像が得られる。

e. 実時間の撮影が可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

ME_2-28-PM-23

MRI診断装置について誤っているのはどれか。

1. X線CTよりも検査時間が長い。

2. 血管像を得るためには造影剤が必要である。

3. 骨や空気による画像への影響がない。

4. X線CTよりも体動に弱い。

5. 検査前に補聴器をはずす。

国-28-AM-33

単純エックス線撮影について正しいのはどれか。

1. 臓器から反射したエックス線を撮影する。

2. 造影剤はエックス線に対する透過性が高い。

3. 動きがある臓器には使用しない。

4. 高密度の器官はエックス線を吸収して陰影を作る。

5. 体動の影響は少ない。

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-4-AM-86

ディジタルラジオグラフィについて正しいのはどれか。

a. 鮮明な断層像を得ることができる。

b. イメージングプレートを使う方法がある。

c. 画像処理ができる。

d. エックス線TVの画像を用いる方法もある。

e. エックス線CTにも用いられている。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

ME_2-38-AM-57

X線CTについて正しいのはどれか。

1. MRIよりも軟部組織の描出に優れている。

2. 造影剤を用いずに血管像を描出できる。

3. 撮影時に放射線同位元素(RI)が必要である。

4. マルチスライスCTにより冠動脈の3D表示ができる。

5. 石灰化は描出できない。

ME_2-36-AM-42

MRIとX線CTの比較で誤っているのはどれか。

1. MRIのほうが肺の状態を観察するのに適している。

2. MRIのほうが病変部と正常組織のコントラストが良好である。

3. X線CTのほうが短時間で広範囲の検査が可能である。

4. MRIでは放射線被曝がない。

5. MRIでは造影剤を用いなくても血管を描出できる。

国-10-AM-61

MRIについて正しいのはどれか。

a. 電子の持つスピンを利用した測定技術である。

b. 傾斜磁場により被写体の位置の情報を得る。

c. エックス線撮影と比較して軟部組織の病変を診断しやすい。

d. 緩和とはスピンの歳差運動の回転が遅くなることである。

e. 磁気シールドルームを必要としない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-26-PM-32

エックス線を使用した撮影について誤っているのはどれか。

a. 体内から反射してきたエックス線を撮影する。

b. 組織でのエックス線の吸収に関する画像が得られる。

c. 臓器の動きの撮影が可能である。

d. 造影剤は分解能の改善のために使用する。

e. 軟部組織の撮影に適している。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-20-AM-62

エックス線CTについて正しいのはどれか。(生体計測装置学)

a. CT値とはエックス線の吸収率の相対値である。

b. シンチレーション検出器が用いられる。

c. ヘリカル方式によって撮影時間が短縮される。

d. 無侵襲な計測である。

e. 代謝機能を画像化できる

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-22-AM-32

MRIについて正しいのはどれか。

a. 電子の持つスピンを利用した測定技術である。

b. 緩和とはスピンの歳差運動の回転が遅くなることである。

c. 磁気シールドルームを必要としない。

d. 傾斜磁場によって被写体の位置情報を得る。

e. エックス線撮影よりも軟部組織の描出に優れる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-31-AM-32

超音波を用いた画像計測について誤っているのはどれか。

1. 動画の撮影が可能である。

2. Mモードは弁の動きを描画できる。

3. Aモードでは断層像が得られる。

4. コンベックス走査はリニア走査より深部視野が広い。

5. 血流の画像が得られる。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

ME_2-35-AM-45

MRI検査について正しいのはどれか。

1. 撮像する断面の方向の制約がある。

2. 血管撮影には造影剤が必要である。

3. 臓器内に空気があると撮像できない。

4. 生体内の水分子の存在状態を画像化する。

5. 脊髄の描出能はX線CTより劣る。

国-6-AM-88

ディジタルラジオグラフィに必要でないのはどれか。

1. 造影剤

2. イメージングプレート

3. エックス線源

4. シンチレーションカウンタ

5. コンピュータ

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-24-AM-32

エックス線CTで正しいのはどれか。(生体計測装置学)

a. 水のエックス線減弱係数をCT値の0としている。

b. 非侵襲的な検査法である。

c. エックス線フィルムによる画像よりもコントラストが悪い。

d. 形態に重ね合わせて代謝機能が画像化できる。

e. ヘリカル方式は単一スキャン方式よりも体積あたりの撮影時間が短い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

ME_2-36-PM-4

SPECTについて誤っているのはどれか。

1. X線CTに比べ空間分解能が高い。

2. RIからのγ線を検出する。

3. コンピュータで画像化する。

4. 3次元画像が得られる。

5. 放射線被曝がある。

ME_2-39-PM-40

SPECT装置について正しいのはどれか。

1. 装置から放射線を照射する。

2. β線を遮蔽する必要がある。

3. 撮影に要する時間は1秒程度である。

4. 多数の断面の断層画像が得られる。

5. X線CTに比べて空間分解能が高い。

ME_2-35-AM-43

超音波診断について正しいのはどれか。

1. 心臓内腔の血流方向と速度は同時に表示できない。

2. 冠動脈の狭窄部位の断面は観察できない。

3. 弁口部の圧較差はパルスドプラ法で計測する。

4. 鮮明な画像を得るためにはできるだけ低い周波数の超音波を用いる。

5. 超音波造影剤としてマイクロバブルが使われる。