このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-20-AM-63

PETについて正しいのはどれか。(生体計測装置学)

a. 放射性医薬品から放出された電子線を検出して画像化する。

b. 細胞の糖代謝を測定している。

c. SPECTCTで用いる核種よりポジトロン核種の半減期は短い。

d. ポジトロン発生装置にサイクロトロンが用いられる。

e. 被爆量はエックス線CT検査より大きい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

ME_2-28-PM-18

PET(Positron Emission Tomography:ポジトロン断層撮影法)について誤っているのはどれか。

1. ポジトロン核種で標識した化合物を用いる。

2. γ線を測定する。

3. 核種は陽電子を放出する。

4. 核種はサイクロトロンで造られる。

5. 核種の半減期は数日である。

国-13-AM-58

正しいのはどれか。

a. PETでは半減期の長い核種を用いる。

b. RI物質を用いて代謝過程を観測することができる。

c. ガンマカメラはシンチレーションカメラとも呼ばれる。

d. NaIはガンマ線を吸収すると光を発生する。

e. SPECTでは陽電子放出核種を利用している。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-21-PM-80

放射線について誤っているものはどれか。

1. ベータ線は直接電離性を示す。

2. ガンマ線は間接電離性を示す。

3. エックス線は電磁放射線である。

4. ガンマ線は電磁放射線である。

5. アルファ粒子は負の電荷を有する。

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体と放射線
類似問題を見る

国-29-PM-32

PETについて誤っているのはどれか。

1. 加速器を用いて作った核種を生体に投与する。

2. β線を検出して画像化する。

3. FDG-PETによって糖代謝の高い組織が可視化される。

4. 陽電子は電子と同じ質量をもつ。

5. 陽電子は電子と衝突して消滅する。

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

ME_2-36-PM-6

PETについて正しいのはどれか。

1. ポジトロン放出核は海水から抽出する。

2. 患者に高電圧を印加する。

3. 患者に陽電子を照射する。

4. 患者体内で核融合現象が生じる。

5. 検出器に入射した光子を測定する。

国-25-PM-31

PETについて誤っているのはどれか。

1. PETでは加速器を用いて作った核種を生体に投与する。

2. PETはβ線を検出して画像化する。

3. FDG-PETによって糖代謝の高い組織が可視化される。

4. 陽電子は電子と同じ質量を持つ。

5. 陽電子は電子と結合して消滅する。

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-15-AM-79

単位エネルギー当たりの生物に及ぼす作用が最も大きいのはどれか。

1. アルファ線

2. ベータ線

3. ガンマ線

4. 中性子線

5. 陽子線

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体と放射線
類似問題を見る

国-22-PM-30

PET装置で正しいのはどれか。

a. 放射性同位元素の崩壊時に1個のガンマ線が出る。

b. コリメータでガンマ線を検出する。

c. 同時計数法を用いて断層像を得る。

d. 使用核種の半減期はSPECTより短い。

e. 空間分解能はエックス線CTより低い。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

ME_2-33-AM-41

放射線の生体作用の大きさは放射線の種類によって異なる。X線の作用効果を1としたときの放射線の種類と効果の大きさの組合せで誤っているのはどれか。

1. α線 -- 20

2. γ線 -- 10

3. 中性子線 -- 5

4. 陽子線 -- 2

5. β線 -- 1

ME_2-35-AM-59

生体の光特性について誤っているのはどれか。

1. 紫外線は長い波長ほど皮膚深部に到達する。

2. タンパク質は紫外線を吸収しやすい。

3. 血液の光吸収率は可視領域でほぼ一定である。

4. メラニンは可視光線を吸収しやすい。

5. 生体の水分子は遠赤外線を吸収しやすい。

ME_2-30-PM-17

PET(Positron Emission Tomography)について誤っているのはどれか。

1. 陽電子放出核種で標識された化合物を投与する。

2. 生体内から放出されるγ線を測定する。

3. コンピュータ処理により三次元画像を構成できる。

4. グルコース代謝を利用してがん診断を行う。

5. 組織の形態観察に適している。

国-7-AM-87

正しいのはどれか。

a. PET(ポジトロンCT)は広く一般病院で利用されている。

b. RI物質を用いて代謝過程を観測することができる。

c. ガンマカメラはシンチレーションカメラとも呼ばれる。

d. NaIはガンマ線を吸収すると光を発生する。

e. SPECT(シングルフォトンCT)では陽電子放出核種を利用している。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-11-AM-59

MRIで得られる情報について誤っているのはどれか。

1. 信号強度は観測原子核の質量に比例する。

2. 緩和は励起されたスピンが元の状態に戻ることである。

3. 緩和時間差によって組織の区別が可能となる。

4. 血流についての情報が得られる。

5. 水素原子核以外の原子核からも情報が得られる。

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-31-AM-33

ラジオアイソトープによる画像計測について誤っているのはどれか。

1. PETの空間分解能はX線CTと同程度である。

2. PETでは陽電子の対消滅によるγ線を検出する。

3. SPECTでは人体の3次元構造を画像化する。

4. 体内での放射線の散乱を考慮する必要がある。

5. 体内での放射線の吸収を考慮する必要がある。

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-21-PM-85

生体の光学的特性について誤っているのはどれか。

1. 可視光は皮膚表面でほとんど反射する。

2. 光は波長が長いほど皮膚深部に到達する。

3. 血流量が多いほど組織の光吸収は大きい。

4. 波長が長いほどメラニンの吸収係数は大きい。

5. 血液の分光特性は酸素飽和度によって異なる。

正答:0
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-25-AM-88

誤っているのはどれか。

a. 紫外線は長い波長ほど皮膚深部に到達する。

b. 生体の高分子物質は紫外線をよく吸収する。

c. 可視領域では血液の光透過率はほぼ一定である。

d. ヘモグロビンは近赤外線をよく吸収する。

e. 遠赤外線の生体作用は熱的作用が主である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-28-AM-86

放射線が同じ線量で生体に吸収されたとき、影響が最も大きいのはどれか。

1. X線

2. α線

3. γ線

4. 電子線

5. 陽子線

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体と放射線
類似問題を見る

ME_2-40-PM-27

X線CTについて正しいのはどれか。

1. 肺がんの検出に用いられる。

2. 造影剤が必須である。

3. 低いCT値の組織は白く表現される。

4. 酸素濃度モニタが必須である。

5. 検査後の患者からX線が放出される。

国-26-PM-86

生体に対する作用の大きさを考慮した放射線の量を表すのはどれか。

1. 照射線量

2. 線量当量(等価線量)

3. 吸収線量

4. 透過線量

5. 放射能

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体と放射線
類似問題を見る