このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-19-AM-32

正しい組合せはどれか。(代謝疾患・内分泌学)

a. 副甲状腺機能低下症 低カルシウム血症

b. 慢性甲状腺炎 甲状腺萎縮

c. Cushing (クッシング)症候群 低血糖

d. 原発性アルドステロン症 高血圧

e. 急性副腎不全 ショック

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-18-AM-29

ホルモンの分泌過剰によって起こるのはどれか。(代謝・内分泌学)

a. クッシング(Cushing)症候群

b. アジソン(Addison)病

c. 尿崩症

d. 先端巨大症(末端肥大症)

e. バセドウ(Basedow)病

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-17-AM-32

誤っている組み合せはどれか。

1. ビタミンD欠乏症 ---------- くる病

2. 葉酸欠乏症 -------------- 大球性貧血

3. 高ナトリウム血症 ---------- テタニー

4. 低カリウム血症 ----------- 不整脈

5. ビタミンK欠乏症 --------- 血液凝固障害

正答:3
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-17-AM-31

正しい組み合わせはどれか。

a. 原発性アルドステロン症 ---------- 高血圧

b. 甲状腺機能亢進症 -------------- 徐脈

c. 褐色細胞腫 -------------------- 低血圧

d. 糖尿病 ------------------------ 多尿

e. 原発性副甲状腺機能亢進症 ------ 高カルシウム血症

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-16-AM-31

正しい組合せはどれか。

a. 慢性腎不全 エリスロポエチン分泌の低下

b. 痛風 血清尿酸値の上昇

c. 肝硬変 アルドステロン分泌の低下

d. バセドウ病 副甲状腺ホルモン分泌の亢進

e. 糖尿病 インスリン分泌の低下

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-16-AM-30

生理活性物質とその生産部位との組合せで誤っているのはどれか。

a. レニン 近位尿細管

b. エリスロポエチン 骨髄

c. アルドステロン 副腎髄質

d. 成長ホルモン 脳下垂体

e. インスリン 膵臓

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-15-AM-20

バセドウ病について正しいのはどれか。

a. 女性に多い。

b. 高齢者に多い。

c. 徐脈を起こす。

d. 眼球が突出する。

e. 発汗が増える。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-14-AM-33

下垂体ホルモンの分泌低下により生じるのはどれか。

a. 性早熟症

b. 先端巨大症

c. 低身長症

d. Sheehan〈シーハン〉症候群

e. Cushing〈クッシング〉症候群

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-12-AM-31

正しい組合せはどれか。

a. Cushing(クッシング)病 ―――― ACTHの低下

b. 巨人症(末端肥大症) ―――― ACTHの過剰

c. Addison(アジソン)病 ――――- 副腎皮質ホルモンの低下

d. 尿崩症 ―――――---------- 抗利尿ホルモン(ADH)の低下

e. クレチン病 ――――――――- 甲状腺ホルモンの低下

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-11-AM-32

副腎皮質の内分泌異常による疾患として正しいのはどれか。

a. アルドステロン症

b. Cushing(クッシング)症候群

c. 褐色細胞腫

d. 尿崩症

e. Addison(アジソン)病

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-7-AM-32

正しいのはどれか。

a. 成長ホルモンの分泌亢進はくる病を起こす。

b. ACTHは副腎皮質ホルモンの分泌を促す。

c. 脳下垂体のホルモン分泌は視床下部の調節を受ける。

d. 褐色細胞腫は低血圧の原因となる。

e. アルドステロンの分泌低下症をアルドステロン症という。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-7-AM-8

誤っているのはどれか。

a. バセドー(Basedow)病は甲状腺の機能亢進による。

b. 末端肥大症は下垂体中間部の異常による。

c. 糖尿病は肝臓のクッパー(Kupffer)星細胞の異常による。

d. 褐色細胞腫は副腎髄質にできる腫瘍である。

e. クッシング(Cushing)症侯群は副腎皮質の機能亢進による。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-3-AM-35

正しい組合せはどれか。

a. 上皮小体ホルモン(PTH)は、低カルシウム血症により分泌が刺激される。

b. 甲状腺ホルモンの分泌刺激は、自律神経失調から始まる。

c. Cushing’s症候群はアルドステロン分泌亢進によって起こる。

d. 抗利尿ホルモンの分泌が亢進すると尿崩症になる。

e. 副腎皮質からはコルチゾルが分泌される。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る

国-2-AM-33

副腎皮質の内分泌異常による疾患として正しいのはどれか。

a. アルドステロン症

b. Cushing症候群

c. 褐色細胞腫

d. 尿崩症

e. Addison病

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:臨床医学総論/内分泌系/内分泌疾患
類似問題を見る