ブラウザからの問題解答・復習について

 

このサイトでは、ブラウザから分野別に分けられた問題を解答・復習することができます。ここでは、このサイトでの学習方法について解説します。

ブラウザから問題を解く

ブラウザから問題に挑戦するには、上のナビバーやサイドバーにある「問題を解く」からできます。表示された画面で分野と問題数を選択して次に進んでください。

問題は次のように表示されます。正しいと思う選択肢を押して解答してください。解答すると次の問題が表示されます。
選択肢は、一部問題を除いてシャッフルされて表示されます。

人工心肺のカニューレについて誤っているのはどれか。(体外循環装置)


1. 送血カニューレが太すぎると動脈壁を損傷する。
2. 充填血液量を少なくするためには小さな口径が有利である。
3. 送血カニューレが細すぎると先端部でキャビテーションを生じる可能性がある。
4. 血流に対する抵抗を小さくするためには小さな口径が望ましい。
5. 拍動流ポンプでは大きな口径のカニューレが必要である。

解答している途中で気になる問題があった場合は、「しるし」にチェックを入れてください。成績を見た時に印が表示されます。
また、正解して「私には簡単だ」と感じた問題には、「簡単」にチェックを入れてください。その問題が再出題される間隔の決定に利用されます。(ログイン必要)

すべての問題を解答したあと「成績を見る」ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、成績表が表示されます。ログインしている場合は、この時点で成績が保存されます。

# 成否 解答 正答 しるし 簡単
1 正解 4 4
1問目:正解

人工心肺のカニューレについて誤っているのはどれか。(体外循環装置)


1. 送血カニューレが太すぎると動脈壁を損傷する。
2. 充填血液量を少なくするためには小さな口径が有利である。
3. 送血カニューレが細すぎると先端部でキャビテーションを生じる可能性がある。
4. 血流に対する抵抗を小さくするためには小さな口径が望ましい。
5. 拍動流ポンプでは大きな口径のカニューレが必要である。

生体機能代行装置学->体外循環装置->原理と構成
類似問題を見る
2 不正解 2 5
2問目:不正解

電気メスを使用した手術後の患者の体に発赤が見られた。この現象が発生する可能性をあげて、論理和や論理積の考え方で最終的な原因の究明を試みた。このような分析手法はどれか。


1. MTBF
2. MDT
3. MTTR
4. FMEA
5. FTA

医用機器安全管理学->医用機器の安全管理->システム安全
類似問題を見る

詳細を見たい問題があった場合は、その問題の行を押すと表示されます。

もう一度同じ問題を解きたい場合は「同じ問題を最初から」ボタンを押してください。(選択肢の再シャッフルはされません)

復習

成績表が表示された時点で、成績が保存されます。保存された成績は、「MyPage」から再表示することができ、復習に活用できます。

ログインしていない場合は保存されません。また、保存されるのは、ナビバーやサイドバーにある「問題を解く」から新たに作成した問題の初回成績のみです。 「同じ問題を最初から」ボタンから回答した成績は保存されません。

最適な復習タイミングの自動設定

このサイトでは保存された成績から次回復習するタイミングを自動的に設定することで効率のいい学習をサポートします。 一度解いた問題は、「問題を解く」から新たに作成した問題集には一定期間選択されず、他の復習するべき問題、それが無ければ新しい問題を選択します。

復習インターバルの決定方法について簡単に説明します。

初めて解答した問題は、正解・不正解を問わず24時間が経過された後に再選択されるようになります。

解いたことがある問題は、不正解の場合、ランクが下がり24時間が経過された後に再選択されるようになります。 正解の場合は、ランクが上がりそのランクから算出した時間が経過された後に再選択されるようになります。

仮に連続で正解していくと以下のようにインターバルが伸びていきます。「簡単」のチェックボックスを選択するとこの伸び幅は大きくなります。

正解回数(ランク) 初回 2 3 4 5 6 7
期間(日) 約2.5 約6.5 約16 約40 約100 約260

ランクの増減量は、個人の全成績によって変化する場合があります。

問題の難易度

このサイトでは問題を簡単な方からABCの3つに分けています。分け方は、これまでの全ユーザーの全解答履歴から分けています。A問題と難易度判定中の問題が優先的に出題されます。

難易度
A 苦手分野でも合格のためにすべて正答したい問題
B 合格のために半分以上は正答したい問題
C 苦手分野なら捨てていい問題
難易度判定中 解答件数が少ない問題